拝啓ミス・ファインモーション

競馬好きJCによる、日本(時々海外)競馬の傾向と対策

キタサンブラックと横山典弘と私。(宝塚記念)

みなさん、お疲れ様です。

只今、トワイニングオレンジペコを開けまして、『中野省吾SJT優勝おめでとう&WASJ行ってらっしゃい&ゴールドアクターwith横山典弘宝塚記念お疲れ様でした会』を1人で執り行っております、水無瀬川です。......1人です。はいw寂しいです。

宝塚記念、終わりましたね。

先にサトノクラウンの話をしておきますか。

サトノクラウン、ついに、という感じですね。思えば一年前の宝塚記念、1.9倍という人気を背負って2着に敗れたドゥラメンテも同厩舎でした。きっと今日は、堀先生もさぞお喜びのことと思います。コツコツやっていけば、いいこともあるんですねえ。サトノクラウン、堀先生、そしてミルコも、おめでとうございます。

ということで。お祝いも程々に、キタサンブラックの話をさせてください。

私が競馬を始めたのが2015年の頭ぐらいで、そして私が競馬にのめり込むきっかけとなったのは、このキタサンブラックと私の御贔屓リアルスティールが1,2着だったその年の菊花賞でした。だからあの年の3歳世代、現5歳世代が今でも1番好きだし、リアルスティールも、ドゥラメンテも、もちろんサトノクラウンも、そしてキタサンブラックも大好きです。

だから今回の結果と、凱旋門賞回避というニュースは、私にとって久しぶりの、なんなら去年のJC以来のショックでした。

今日みたいにみんなの夢を背負っていても、時々負けてしまうこともある。馬は生き物なのですから。特に今日は、10頭が10頭ともキタサンブラックを負かしに行って、ぶつかっていった結果ですので、そういうことなんだなと思います。凱旋門賞回避は残念ですが、キタサンブラック今回の敗戦から立ち直れるバネを持った馬だと信じています。目指す目標が変わっても、5歳世代の、ひいては日本競馬界のヒーローとして、これからもみんなの夢を乗せて走って欲しいと思います。

それから、2着ゴールドアクター横山典弘

やっぱり役者ですねえ、ノリさん。こんな素敵な騎手のファンでいられて良かったなと、改めて思わされるレースでした。ゴールドアクター横山典弘の旅は、これからも続きます。秋以降の2人が楽しみです。今日はありがとうございました。

ということで。今回は攻めて行ったサトノクラウンもシャケトラも、勝負に出たレインボーラインも、ゴールドアクターも、そして忘れてはならないミッキークイーンシュヴァルグランも、すべての馬たちがいいレースをしていたと思います。楽しい宝塚記念でした。来週は帝王賞もあることですし、ますます真面目に、競馬をやって行きたいと思います。まとまらない文章ですみません。みなさん、ありがとうございました。